検索
  • elixiasg

~シンガポールにおける規制解除~

最終更新: 2020年10月30日

CBは解除、フェーズ2へ

各国で新型コロナウイルス感染症の拡大により行われていた規制が徐々に解除されてきています。

シンガポールでも6月2日より事実上のロックダウンであるサーキットブレーカー(以下CB)が解除されフェーズ1(※)がスタートしました。

(※)第一段階目の規制緩和:フェーズ3まであり、フェーズ3はワクチンか治療薬が開発されるまで継続となっている


フェーズ1では日常生活における多くの規制はそのまま継続され、学校が始まったことが大きな変化でした。フェーズ1中に市中感染者数の増加は見られず、6月19日からフェーズ2がスタートしています。

フェーズ2では多くの小売店が再開し、CB開始後閉鎖されていたジムやプールなども再開、5人までの集まりや訪問が許されるなど日常生活における規制も少しずつ解除されています。


外出の際には、外国人労働者にはTracetogetherという追跡アプリのダウンロードが義務付けられ、スーパーやモールなどお店に入る際にはcheck-in/check-outおよび検温が継続されます。また、フェーズ2においても原則在宅勤務であり、多くの企業は引き続き在宅勤務となっています。


長期滞在ビザの入国が徐々に許可へ

外国との往来に関しては、CB以降許可が出ていなかった長期滞在ビザ保有者に対する入国が徐々ではありますが、許可されてきています。入国の際には事前にMinistry Of Manpowerからの許可が必要になります。

すべての入国者には入国後14日間の自宅待機(以下SHN)と、SHN終了時のPCR検査(自費;$200)が義務付けられます。

日本、香港、台湾、中国、韓国、マカオ、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランド、ブルネイからの入国者は自宅でSHNが可能ですが、それ以外の国からの入国者は政府が指示する施設で14日間待機しなくてはなりません。(

14日間の滞在費は自費;$2000) 短期滞在者は引き続き入国は許可されていません。



徐々に規制は解除されているものの、まだまだ制限は多く、出張や新赴任者の着任が滞っています。そのため、前任者の赴任期間が延期になる、赴任の時期が定まらない、それによって子供の学校をどうするのかなど、悩まれている方も多くいらっしゃいます。

また、在宅勤務も長期に及び、在宅における部下のモチベーション維持やメンタルヘルスなどのサポートに悩まれている管理職の方も多くみられます。


ELIXIA SGではオンラインでも相談(スポットも対応)やセミナーなどを実施し、具体的な解決策を提供しております。東南アジア諸国における赴任者(予定者も含む)のサポートや、長引く在宅勤務での従業員のサポートにお困りごとがございましたら、お気軽にお問い合わせください。


…………………………………………………………………


ELIXIA SG PTE.LTD.


https://www.elixia.com.sg/



※本記事は月1回配信しているメルマガより抜粋をしております。


お問い合わせは、コンタクトフォームよりお願いいたします。



最新記事

すべて表示

シンガポールにおけるCovid-19の状況及びElixia SGのサービスご案内

感染状況と規制解除に関して シンガポールでは厳しい規制により感染状況は一旦落ち着き、規制も緩和される方向でした。しかし、先週ナイトライフ施設で最大規模のクラスターが発生したことを受けて、7/19より再度新たな規制が施行されています。これにより、入店飲食可能なグループの人数5名から2名までに制限されました。 ただし、例外もあります。ワクチン接種状況を確認するシステムを導入しているレストランを利用する

6月のシンガポールにおけるCovid-19感染状況及び規制状況

シンガポールでは、Covid-19 の変異株B.1.617.2 いわゆる「デルタ株」による感染拡大を受け 先月半ばより、「phase2 heighten alert」による規制強化となりました。 その結果、感染経路不明の市中感染が無くなり、数も一桁台まで減少し 6月14日から「phase3 heighten alert」まで規制緩和しています。 しかし、規制解除後すぐに新たなクラスターの判明と感

5月のシンガポールにおけるCovid-19感染状況及び規制状況

現在、変異株によるCovid-19感染症のパンデミックが世界的に広がっていますが、 規制を続けているシンガポールでも感染が広がってきました。 一時期、市中感染は0~1桁台が続いていましたが、 ここ数週間は2桁の市中感染が続いたため、シンガポールでは5月8日から フェーズ2の規制に戻っています。 対応のスピード感がシンガポールの素晴らしさですね。 規制は厳しくなっても、皆重要性を理解していますので、