検索
  • elixiasg

シンガポールにおけるCOVID-19関連の規制状況

シンガポールはFine Cityと言われるように元々罰則が厳しいですが、Covid-19感染症対策の法律に関しては、更に厳しい罰則が設けられています。


マスクの着用義務

シンガポールでは外出時にマスク着用が義務付けられており、マスクを着用していないとSGD300(約24,000円)の罰金が科せられます 。(激しい運動時と6歳未満の子供は対象外)。食事の時は外せますが、食事終了後にマスクをつけずに会話していると、マスク着用義務違反として罰金の対象となります。


集合人数への制限

外で集合できる人数や、家に招くことのできる人数は、現在8人までとなっています。日本よりも緩い気がしますが、シンガポールでは住民からの告発も多く、監視の目が厳しいです。先日、同じコンドミニアムに住んでいる家族同士が、たまたま共同施設で出会って一緒に遊んでいたところ、「規定人数以上のグループで遊んでいる」と写真を撮られて告発された事例があります。結果、国外永久追放になってしまったそうです。


法の遵守をしながら、規制解除を待ちましょう

シンガポールの治安の良さやCovid-19感染症の抑え込みは、こうした厳しい姿勢が故にでもあります。ちょっとくらいとか、知らなかったという言い訳は通用しません。自分自身、家族、友人を守る意味でも法の遵守が大切です。


また、大きな発表や報道がなく、規制が解除されていることもあります。子供の習い事などでの規制解除は、講師などに聞いてみるのも有効です。学校やスポーツ、習い事などに関する規制状況は下記のシンガポール政府のウェブサイトでも確認できます。


シンガポール政府サイトはこちら


規制が変わったのかなと疑問に思う場合や、ご自身が誕生日会などのイベント主催者になる際は、必ずご自身で政府のウェブサイトを開き、現在の規制に関して確認されることをお勧めします。


…………………………………………………………………


ELIXIA SG PTE.LTD.


https://www.elixia.com.sg/



※本記事の内容は、月1回配信しているメルマガ(エリクシアレター)に抜粋し掲載しております。


お問い合わせは、コンタクトフォームよりお願いいたします。

最新記事

すべて表示

続・シンガポールにおけるCOVID-19関連の規制状況

前回に引き続き、シンガポールにおけるCOVID-19関連の規制状況をお伝えします。 感染者との接触を追跡するアプリ 各国で、COVID-19感染者との接触を追跡するアプリの使用が推奨されてします。 日本ですと「COCOA」になりますね。 シンガポールでは、政府が発行した「Trace Together」という携帯電話向けアプリが展開されています。携帯端末などで使用できない人向けには「Token」とい

海外駐在時の在宅勤務におけるメンタルヘルス~今できるセルフケア~

Covid-19感染症の拡大の影響で、各国で在宅勤務が義務化もしくは推奨されています。 駐在員とその家族の不安 海外駐在員にとっての在宅勤務は、「わざわざ海外にいる意味があるのか」「在宅勤務ならば日本にいても変わらないのではないか」と駐在意義に疑問を感じる方も少なくありません。 当初はここまで在宅期間が長くなるとは予想されず、すぐに落ち着くなら…と思っていた方も、長期化するにつれ、上記のような疑問

~デング大流行に警戒 政府の対応~

先月、シンガポールではデング熱が大流行しているとのお話をさせて頂きました。 常夏の国シンガポール。熱帯気候下では、放っておくと蚊が大量発生します。 しかし、シンガポールに来たことのある方ならご存知かと思いますが、 シンガポールでは思ったほど蚊は多く見られません。 というのもシンガポール政府が蚊の発生に厳しい政策をとっているからです。 シンガポール政府の政策 1960年代より政府が対策に乗り出し、1

Contact

© 2019 ELIXIA SG PTE.LTD.

  • Facebookの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸

390 Havelock Road,

#07-02 KING'S CENTRE, Singapore 169662

ELIXIA SG PTE.LTD.

TEL:+65 9336 8751