検索
  • elixiasg

~シンガポールのクリスマスとお正月~

最終更新: 10月30日

シンガポール便りが始まってから医療に関する話題ばかりを配信させて頂きましたが、今回は医療とは関係のない話題でご提供させて頂きます。


常夏の島、シンガポール。

当然、日本のように雪のちらつくホワイトクリスマスはありません。


ところがシンガポールでも子供を喜ばせる為に、この時期になると、ショッピングモールや学校のイベントなどで人工雪を降らせます。


この人工雪の正体は、なんと洗剤なのです…洗剤を泡立てて降らせます。

一応、人体には安全とは謳っていますが、洗剤なので付着するとヌメヌメします。

遠くから見る分には本当に雪みたいで綺麗なのですが…

イルミネーションは勿論あります。シンガポールの銀座と言われるオーチャードなど、この時期になるとクリスマスイルミネーションが煌びやかに点灯します。


一方変わって、お正月。

シンガポールではメインのお正月は旧正月(2020年の元旦は1月25日)になります。

そのため、年越しはとってもシンプル。ダウンタウンエリアのマリーナベイで花火が上がるだけです。

休日も元旦のみで、翌日から通常稼働になります。


その代わり、旧正月は大変盛り上がります。

中華街はその年の干支の大きな像が作られ、ライトアップされます。

今は危険なため禁止されてしまい、見ることは出来ませんが、昔は年越しとともに爆竹が鳴り止まず、とても賑やかな年越しでした。


シンガポール人の多くはこの時期に長期休みをとるので、この時期は個人の店などは多くが閉まっています。


ショッピングモールや観光地などは通常通り営業していますので、旧正月の雰囲気を味わいたい方は、ぜひこの時期に訪れてみてください。


…………………………………………………………………


ELIXIA SG PTE.LTD.


https://www.elixia.com.sg/



※本記事は月1回配信しているメルマガより抜粋をしております。


お問い合わせは、コンタクトフォームよりお願いいたします。



2回の閲覧

最新記事

すべて表示

~デング大流行に警戒~

先月、シンガポールではデング熱が大流行しているとのお話をさせて頂きました。 常夏の国シンガポール。熱帯気候下では、放っておくと蚊が大量発生します。 しかし、シンガポールに来たことのある方ならご存知かと思いますが、 シンガポールでは思ったほど蚊は多く見られません。 というのもシンガポール政府が蚊の発生に厳しい政策をとっているからです。 シンガポール政府の政策 1960年代より政府が対策に乗り出し、1

〜デング大流行に警戒〜

今年はデング熱が過去最大のペースで感染拡大しています。 2020年8月時点で、デング熱の発生件数は25,000件を超え,過去最大を記録した 2013年の年間感染者数22,170件をすでに超えています。 デング熱の感染が拡大している要因として、自宅などの屋内にいる時間が増えたため、 家具の隙間などに潜んでいるネッタイシマカに刺されるケースが増えたためといわれています。 デング熱とは? デング熱は、蚊

~シンガポールにおける感染状況及び規制解除~

引き続き、シンガポールでの感染状況や入国規制に関してお伝えいたします。 市中感染者は連日ゼロに、フェーズ2は継続中 シンガポールでは、今月より市中感染者0が連日続くなど、感染状況に関しては終息に向かっているような状況です。 規制に関しては、6月からのフェーズ2が継続中であり、原則在宅勤務である為、未だに多くの企業は引き続き在宅勤務となっています。 入国時は14日間の待機が必要 外国との往来に関して

Contact

© 2019 ELIXIA SG PTE.LTD.

  • Facebookの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸

390 Havelock Road,

#07-02 KING'S CENTRE, Singapore 169662

ELIXIA SG PTE.LTD.

TEL:+65 9336 8751