検索
  • elixiasg

シンガポールのワクチン接種状況

日本ではなかなかワクチンが入荷せず、打ちたくても打てない状況が続いていますが、

シンガポールでは順調にワクチン接種が広がっています。

現在は45歳以上の在住者全員に接種ができるまでになりました。


ワクチンを接種するまでの流れ

シンガポールでは、まず政府から接種可能年齢と接種開始日が発表されます。

対象者はシンガポール保健省のサイトからオンラインで予約をします。

(MOHのワクチン接種予約サイト https://preregister.vaccine.gov.sg/


予約の際に登録する内容はとってもシンプルで、

シンガポール在住者全員にそれぞれ与えられている下記項目を入力するだけです。

・マイナンバー

・電話番号

・生年月日

・希望言語(シンガポールは公用語が4つあります)

その後、順番が回ってくるとSMSでメッセージが来て、

希望のワクチン接種会場と日時を選び、当日そこに赴けば接種となります。


提供されているワクチン

現在承認されているのはファイザー/ビオンテック社とモデルナ社の2種類です。

ワクチンは表面上選択できませんが、

接種間隔が異なるため、間違わないようにワクチン接種会場が分けられており、

実質選択可能となっております。

※接種間隔はファイザー/ビオンテック社が3週間、モデルナ社とシノバック社は4週間となっています。

上記2種に加えて、現在承認作業中のものがシノバック社となっています。


シンガポールのCOVID-19に関する最新情報は、下記からご確認いただけます。

シンガポール政府のページへ



…………………………………………………………………


ELIXIA SG PTE.LTD.


https://www.elixia.com.sg/



※本記事の内容は、月1回配信しているメルマガ(エリクシアレター)に抜粋し掲載しております。


お問い合わせは、コンタクトフォームよりお願いいたします。


最新記事

すべて表示

現地スタッフへのメンタルサポートご案内

現地スタッフのメンタルサポートに悩まれていませんか? これまで定期的に海外駐在員のメンタルケアに関して発信いたしましたが、「海外駐在員のメンタルケアも大切だけど、現地スタッフもケアしたい」そんなご要望も多くいただきました。 ELIXIA SGでは、今月よりシンガポール人カウンセラーを常駐させ、現地スタッフのメンタルサポートにも力を入れております。 以前言及したとおり、メンタルケアには母国語で対応す

続・シンガポールにおけるCOVID-19関連の規制状況

前回に引き続き、シンガポールにおけるCOVID-19関連の規制状況をお伝えします。 感染者との接触を追跡するアプリ 各国で、COVID-19感染者との接触を追跡するアプリの使用が推奨されてします。 日本ですと「COCOA」になりますね。 シンガポールでは、政府が発行した「Trace Together」という携帯電話向けアプリが展開されています。携帯端末などで使用できない人向けには「Token」とい

シンガポールにおけるCOVID-19関連の規制状況

シンガポールはFine Cityと言われるように元々罰則が厳しいですが、Covid-19感染症対策の法律に関しては、更に厳しい罰則が設けられています。 マスクの着用義務 シンガポールでは外出時にマスク着用が義務付けられており、マスクを着用していないとSGD300(約24,000円)の罰金が科せられます 。(激しい運動時と6歳未満の子供は対象外)。食事の時は外せますが、食事終了後にマスクをつけずに会