検索
  • elixiasg

~ジカウイルス感染症について~

最終更新: 2020年10月30日

今月は、本年もシンガポール国内で感染が確認されているジカウイルス感染症についてお話します。


ジカウイルス感染症は主に蚊によって媒介され、感染しても症状が現れる人はおよそ2割ほどで、ほとんどの場合は軽症で済みます。


潜伏期間は2日から12日ほどで、軽度の発熱、発疹、結膜炎、倦怠感、頭痛、筋肉痛、関節痛などの症状が現れます。ジカウイルスに対する特効薬はありませんが、多くの場合症状は軽く対処療法のみで発症してから2日~7日で軽快します。


しかし、ジカウイルスに感染すると、稀にギラン・バレー症候群となったり、妊婦が感染すると生まれてくる子どもが小頭症などの障害を持ったりする可能性があることが分かっています。(必ず小頭症になるわけではありません。)


蚊による感染の他に、輸血や性行為によっても感染することがあります。

性行為による感染能力は感染後約3か月間と言われています。

感染した可能性がある場合は、発症の有無にかかわらず、最低でも8週間は性行為時の十分な感染対策と、妊娠を控えるように提唱されています。


ジカウイルスに対する予防接種はありませんので、予防方法は蚊に刺されないこと、むやみに性行為をしないこととなります。


また、妊娠期間中のどの時期に感染すると小頭症のリスクが上がるかはまだ明らかになっておりません。妊婦さんはより一層の注意が必要になります。


…………………………………………………………………


ELIXIA SG PTE.LTD.


https://www.elixia.com.sg/



※本記事は月1回配信しているメルマガより抜粋をしております。


お問い合わせは、コンタクトフォームよりお願いいたします。


最新記事

すべて表示

続・シンガポールにおけるCOVID-19関連の規制状況

前回に引き続き、シンガポールにおけるCOVID-19関連の規制状況をお伝えします。 感染者との接触を追跡するアプリ 各国で、COVID-19感染者との接触を追跡するアプリの使用が推奨されてします。 日本ですと「COCOA」になりますね。 シンガポールでは、政府が発行した「Trace Together」という携帯電話向けアプリが展開されています。携帯端末などで使用できない人向けには「Token」とい

シンガポールにおけるCOVID-19関連の規制状況

シンガポールはFine Cityと言われるように元々罰則が厳しいですが、Covid-19感染症対策の法律に関しては、更に厳しい罰則が設けられています。 マスクの着用義務 シンガポールでは外出時にマスク着用が義務付けられており、マスクを着用していないとSGD300(約24,000円)の罰金が科せられます 。(激しい運動時と6歳未満の子供は対象外)。食事の時は外せますが、食事終了後にマスクをつけずに会

海外駐在時の在宅勤務におけるメンタルヘルス~今できるセルフケア~

Covid-19感染症の拡大の影響で、各国で在宅勤務が義務化もしくは推奨されています。 駐在員とその家族の不安 海外駐在員にとっての在宅勤務は、「わざわざ海外にいる意味があるのか」「在宅勤務ならば日本にいても変わらないのではないか」と駐在意義に疑問を感じる方も少なくありません。 当初はここまで在宅期間が長くなるとは予想されず、すぐに落ち着くなら…と思っていた方も、長期化するにつれ、上記のような疑問

Contact

© 2019 ELIXIA SG PTE.LTD.

  • Facebookの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸

390 Havelock Road,

#07-02 KING'S CENTRE, Singapore 169662

ELIXIA SG PTE.LTD.

TEL:+65 9336 8751