検索
  • elixiasg

~海外のメンタルヘルスについて~

最終更新: 10月30日

新年あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。


2020年初めのシンガポール便りは海外赴任者のメンタルヘルス問題について少し触れさせて頂きます。


海外在住邦人の自殺率は日本在住邦人の約6倍近くと言われています。

海外赴任においては、言語や文化、生活環境の違い、治安の問題や狭い邦人コミュニティ、現地従業員との摩擦などストレス源が多くなります。

そこに加えて、気軽に相談できる環境がない、友人や家族が近くにいない、娯楽が限られているなどストレスを減らす手段も限られてしまいます。


企業は海外駐在員に対しても民法上「安全配慮義務」を負うとされています。

駐在員だけではなく現地採用の日本人労働者に対して労務災害が起こった場合でも、日本で民事訴訟を起こされる可能性はあります。


メンタルダウンに関しては、赴任直後より、数か月ほど経って生活が落ち着いてきたあたりに起こりやすいので、周りの方々も注意していただけたらと思います。

もちろん、長く勤めている方でも、何かしらの変化やストレスによりメンタルダウンを来すもあります。


ちょっと様子がおかしいなと感じる方がいましたら、「最近、ちゃんと寝られてる?」など声がけをしてみて下さい。


メンタルヘルスの問題に関しては、母国語の対応が望ましいとされています。

シンガポールや東南アジア地域でお困りの際はご相談ください。

ELIXIA SGの毛利由佳がシンガポールの無料情報誌AsiaX元旦号の表紙に掲載されております。また、新規進出企業レポートのページではELIXIA SGの案内が掲載されておりますので、ぜひご覧ください。

https://www.asiax.biz/

https://www.asiax.biz/biz/52648/



…………………………………………………………………


ELIXIA SG PTE.LTD.


https://www.elixia.com.sg/



※本記事は月1回配信しているメルマガより抜粋をしております。


お問い合わせは、コンタクトフォームよりお願いいたします。


2回の閲覧

最新記事

すべて表示

~デング大流行に警戒~

先月、シンガポールではデング熱が大流行しているとのお話をさせて頂きました。 常夏の国シンガポール。熱帯気候下では、放っておくと蚊が大量発生します。 しかし、シンガポールに来たことのある方ならご存知かと思いますが、 シンガポールでは思ったほど蚊は多く見られません。 というのもシンガポール政府が蚊の発生に厳しい政策をとっているからです。 シンガポール政府の政策 1960年代より政府が対策に乗り出し、1

〜デング大流行に警戒〜

今年はデング熱が過去最大のペースで感染拡大しています。 2020年8月時点で、デング熱の発生件数は25,000件を超え,過去最大を記録した 2013年の年間感染者数22,170件をすでに超えています。 デング熱の感染が拡大している要因として、自宅などの屋内にいる時間が増えたため、 家具の隙間などに潜んでいるネッタイシマカに刺されるケースが増えたためといわれています。 デング熱とは? デング熱は、蚊

~シンガポールにおける感染状況及び規制解除~

引き続き、シンガポールでの感染状況や入国規制に関してお伝えいたします。 市中感染者は連日ゼロに、フェーズ2は継続中 シンガポールでは、今月より市中感染者0が連日続くなど、感染状況に関しては終息に向かっているような状況です。 規制に関しては、6月からのフェーズ2が継続中であり、原則在宅勤務である為、未だに多くの企業は引き続き在宅勤務となっています。 入国時は14日間の待機が必要 外国との往来に関して

Contact

© 2019 ELIXIA SG PTE.LTD.

  • Facebookの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸

390 Havelock Road,

#07-02 KING'S CENTRE, Singapore 169662

ELIXIA SG PTE.LTD.

TEL:+65 9336 8751