検索
  • elixiasg

~“蚊に刺されない” が一番の予防~

最終更新: 10月30日

今月より、赤道直下のシンガポールから東南アジアの情報をお送りします。

これから東南アジア方面に赴任になる方や赴任中の方、

長期休暇に旅行に行かれる方などに役立つ情報をお送りする予定です。

初回は蚊が媒介する感染症のうち、

昨年日本でも話題になったデング熱とマラリアの予防についてです。

シンガポールでは毎年1万人以上が感染するデング熱ですが、

今年は例年に比べてかなり増加しています。

デング熱の予防接種はまだ開発段階で臨床使用には至っていません。


予防法はいたってシンプルです。


「蚊に刺されないこと」が一番の予防になります。


また周辺アジア諸国では、薬剤耐性マラリアが急増しています。

抗マラリア薬の予防投与が有効とされていますので、

流行地域への渡航の際はご検討下さい。

蚊が媒介する感染症は他にも多数あり、

世界中で毎年大多数の方が蚊が媒介する感染症で死亡しています。


繰り返しになりますが、蚊に刺されないことが一番の予防になります。

東南アジアなど、蚊の多い地域では常に蚊の忌避剤を携帯使用し、

特に蚊の多い場所へ行く際には長袖長ズボンの着用を心がけて下さい。


…………………………………………………………………


ELIXIA SG PTE.LTD.


https://www.elixia.com.sg/



※本記事は月1回配信しているメルマガより抜粋をしております。


お問い合わせは、コンタクトフォームよりお願いいたします。


1回の閲覧

最新記事

すべて表示

~デング大流行に警戒~

先月、シンガポールではデング熱が大流行しているとのお話をさせて頂きました。 常夏の国シンガポール。熱帯気候下では、放っておくと蚊が大量発生します。 しかし、シンガポールに来たことのある方ならご存知かと思いますが、 シンガポールでは思ったほど蚊は多く見られません。 というのもシンガポール政府が蚊の発生に厳しい政策をとっているからです。 シンガポール政府の政策 1960年代より政府が対策に乗り出し、1

〜デング大流行に警戒〜

今年はデング熱が過去最大のペースで感染拡大しています。 2020年8月時点で、デング熱の発生件数は25,000件を超え,過去最大を記録した 2013年の年間感染者数22,170件をすでに超えています。 デング熱の感染が拡大している要因として、自宅などの屋内にいる時間が増えたため、 家具の隙間などに潜んでいるネッタイシマカに刺されるケースが増えたためといわれています。 デング熱とは? デング熱は、蚊

~シンガポールにおける感染状況及び規制解除~

引き続き、シンガポールでの感染状況や入国規制に関してお伝えいたします。 市中感染者は連日ゼロに、フェーズ2は継続中 シンガポールでは、今月より市中感染者0が連日続くなど、感染状況に関しては終息に向かっているような状況です。 規制に関しては、6月からのフェーズ2が継続中であり、原則在宅勤務である為、未だに多くの企業は引き続き在宅勤務となっています。 入国時は14日間の待機が必要 外国との往来に関して

Contact

© 2019 ELIXIA SG PTE.LTD.

  • Facebookの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸

390 Havelock Road,

#07-02 KING'S CENTRE, Singapore 169662

ELIXIA SG PTE.LTD.

TEL:+65 9336 8751